teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 投稿者
  題名
  内容 入力補助画像・ファイル<IMG>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ] [ 検索 ]


Re: 新収蔵資料展について

 投稿者:みちまな  投稿日:2015年 1月16日(金)10時41分2秒
返信・引用
  > No.88[元記事へ]

たろさんへのお返事です。

こんにちは。
中島敦情報の提供、ありがとうございます。
更新反映が遅くなりまして、申し訳ありません。

見ていただいてるとのこと、ありがとうございます。
これからものんびり、更新していきたいと思います。
よろしくお願い致します。


>  あけましておめでとうございます。
>
> 初めて書き込みさせていただきます。
> ご存知でしたら申し訳ありません。
> 今、神奈川近代文学館では
> 新収蔵資料展 2014年
> と、同時開催で、
> 常設展「文学の森へ 神奈川と作家たち」展 <第2部 芥川龍之介から中島敦まで>
> が展示されています。(今年は1月6日から開館) ※この展示は1月25日(日)までです。
> 新収蔵資料には未収録だった草稿「プウルの傍で」など中島敦作品の草稿断片が何点か新たに展示されているようです。
> https://www.kanabun.or.jp/teshinsyuzo2014.html
> ご確認いただけましたら幸いです。
> https://www.kanabun.or.jp/index.html
>
> こっそりと、みちまなさんの情報をいつもありがたく拝読していました。
> これからもよろしくお願いいたします。
> 今年が素晴らしい一年になりますように。
> それでは。
 
 

新収蔵資料展について

 投稿者:たろ  投稿日:2015年 1月 2日(金)08時47分10秒
返信・引用
  あけましておめでとうございます。

初めて書き込みさせていただきます。
ご存知でしたら申し訳ありません。
今、神奈川近代文学館では
新収蔵資料展 2014年
と、同時開催で、
常設展「文学の森へ 神奈川と作家たち」展 <第2部 芥川龍之介から中島敦まで>
が展示されています。(今年は1月6日から開館) ※この展示は1月25日(日)までです。
新収蔵資料には未収録だった草稿「プウルの傍で」など中島敦作品の草稿断片が何点か新たに展示されているようです。
https://www.kanabun.or.jp/teshinsyuzo2014.html
ご確認いただけましたら幸いです。
https://www.kanabun.or.jp/index.html

こっそりと、みちまなさんの情報をいつもありがたく拝読していました。
これからもよろしくお願いいたします。
今年が素晴らしい一年になりますように。
それでは。
 

Re: 関連書籍出版のお知らせ

 投稿者:みちまな  投稿日:2014年 9月17日(水)18時40分45秒
返信・引用
  > No.86[元記事へ]

河路 由佳さんへのお返事です。

情報提供、ありがとうございます。
遅くなってしまい、申し訳ありません。
今日、更新しましたので、御確認下さい。

追加、訂正等がありましたら、遠慮なく、お知らせ下さい。
ありがとうございました。


> 『中島敦「マリヤン」とモデルのマリア・ギボン』という本を、港の人より、出版いたしました。パラオの人にも読んでもらいたいバイリンガルの美しい本です。ご関心のあるみなさまに
> お読みいただき、ご批評などいただけますと、大変ありがたく存じます。本の詳細は、以下のウェブページにあります。アマゾンに書評も載っております。よろしくお願いいたします。
 

関連書籍出版のお知らせ

 投稿者:河路 由佳  投稿日:2014年 9月11日(木)17時49分0秒
返信・引用
  『中島敦「マリヤン」とモデルのマリア・ギボン』という本を、港の人より、出版いたしました。パラオの人にも読んでもらいたいバイリンガルの美しい本です。ご関心のあるみなさまに
お読みいただき、ご批評などいただけますと、大変ありがたく存じます。本の詳細は、以下のウェブページにあります。アマゾンに書評も載っております。よろしくお願いいたします。

http://www.minatonohito.jp/products/154_01.html

 

Re: 久喜・中島敦の会講演会

 投稿者:みちまな  投稿日:2014年 2月 4日(火)00時12分36秒
返信・引用
  > No.82[元記事へ]

中村満男さんへのお返事です。

情報提供、ありがとうございます。
2014年情報に載せましたので、御確認下さい。
追加や不備、変更がありましたら、お知らせ下さい。
よろしくお願い致します。



> 久喜・中島敦の会創立十周年記念講演会
> 「北村 薫文芸トーク」
> 日時 2026年2月23日
> 場所 粉川医院ホール 久喜市本町2-2-3
> 入場無料(先着100名)
 

久喜・中島敦の会講演会

 投稿者:中村満男  投稿日:2014年 2月 3日(月)13時54分28秒
返信・引用
  久喜・中島敦の会創立十周年記念講演会
「北村 薫文芸トーク」
日時 2026年2月23日
場所 粉川医院ホール 久喜市本町2-2-3
入場無料(先着100名)
 

Re: 言語造形による語り音会@大阪玉造百年長屋

 投稿者:みちまな  投稿日:2013年10月15日(火)01時11分28秒
返信・引用
  > No.80[元記事へ]

塙 狼星さんへのお返事です。

塙様 情報提供、ありがとうございます。
2013年情報に載せましたので、御確認下さい。
訂正、追加等がありましたら、こちらの返信にてお知らせ下さい。
よろしくお願い致します。

> 自由への教育で知られるシュタイナー教育を創始したルドルフ・シュタイナーは演劇のための語りの芸術、「言語造形」を生み出しました。この語りの会では、大阪は空堀(からほり)でシュタイナー教育に取り組む塙狼星(はなわろうせい)が中島敦の名作『名人伝』を語り、大阪を中心に活動する言語造形家・諏訪耕志を迎えて、今回の語りを支える言語造形という表現芸術について、稽古と修行、作品と語り手の関係をテーマに対話を繰りなします。秋のひととき、言葉の芸術をご堪能ください。
 

言語造形による語り音会@大阪玉造百年長屋

 投稿者:塙 狼星  投稿日:2013年10月14日(月)15時48分57秒
返信・引用
  自由への教育で知られるシュタイナー教育を創始したルドルフ・シュタイナーは演劇のための語りの芸術、「言語造形」を生み出しました。この語りの会では、大阪は空堀(からほり)でシュタイナー教育に取り組む塙狼星(はなわろうせい)が中島敦の名作『名人伝』を語り、大阪を中心に活動する言語造形家・諏訪耕志を迎えて、今回の語りを支える言語造形という表現芸術について、稽古と修行、作品と語り手の関係をテーマに対話を繰りなします。秋のひととき、言葉の芸術をご堪能ください。

http://blogs.yahoo.co.jp/kotoba_jyuku/67023193.html

 

Re: 旧安田楠雄邸庭園 語りと和楽『山月記』

 投稿者:みちまな  投稿日:2013年 8月20日(火)15時52分34秒
返信・引用
  > No.78[元記事へ]

かたりとさんへのお返事です。

> 多くの方へご覧頂きたく、書き込みを致しました。
> 趣あるお屋敷で、中島敦の傑作をお楽しみください。
> ご来場を心からお待ちしております。
>
> ①17時15分~(開場16時50分)
> ②19時~(開場18時40分)
> ¥2500  ご予約:yasudatei@yanesen.org
> 〈出演〉かたりと(語り:北原久仁香、箏:山田雅生)
> 〈主催〉公益財団法人日本ナショナルトラスト、たてもの応援団
> 〈会場〉東京都指定名勝 旧安田楠雄邸庭園(東京都文京区千駄木5-20-18)
> 東京メトロ千代田線千駄木駅から徒歩7分
>
> *畳保護のため、靴下を着用して下さい。

情報提供、ありがとうございます。
良い月夜に恵まれて、良い会になりますよう、お祈り致します。

 

旧安田楠雄邸庭園 語りと和楽『山月記』

 投稿者:かたりと  投稿日:2013年 8月19日(月)22時25分55秒
返信・引用
  多くの方へご覧頂きたく、書き込みを致しました。
趣あるお屋敷で、中島敦の傑作をお楽しみください。
ご来場を心からお待ちしております。

①17時15分~(開場16時50分)
②19時~(開場18時40分)
¥2500  ご予約:yasudatei@yanesen.org
〈出演〉かたりと(語り:北原久仁香、箏:山田雅生)
〈主催〉公益財団法人日本ナショナルトラスト、たてもの応援団
〈会場〉東京都指定名勝 旧安田楠雄邸庭園(東京都文京区千駄木5-20-18)
東京メトロ千代田線千駄木駅から徒歩7分

*畳保護のため、靴下を着用して下さい。

http://tatemono-ouendan.org/page048.html

 

レンタル掲示板
/9